楽譜

iPad Pro

iPad Pro写真

iPad Pro 12.9インチ 256GB スペースグレイ Wi-fiモデル

Apple Store名古屋にて購入しました。
2011年発売のiPad2からのアップデートです。

今回は娯楽用ではなくて、音楽出版デザイン用に導入しました。

僕はまともにイラスト描けないので、ほぼデザイナーさん専用のiPadです。

iPadに新しくインストールしたアプリ

  • Affinity Designer
  • Procreate

どちらもApple Pencilでの作業が直感的で作業が劇的に早いです。

Affinity Designerにillustratorで作ったデータをインポートしてみました。

日本語フォントが文字化けしているデータもありますが、僕の使用環境では十分使えそうです。

iPadのスピーカー音が大きくなった

Smart Keyboard FolioにiPadを立てて映画鑑賞。iPad2と比べて音量に余裕が出てセリフが聴きやすくなりました。

薄いスペースの四隅にツイーターとウーファーが入ってるとのこと。我が家のテレビよりナチュラルな音がします。

iPad楽譜手書き入力

アプリに空の五線紙PDFをインポートしてApple Pencilで手書き。

紙の五線紙にフリクション・ボールペンで書くのが好きなのですが、Apple Pencilでもほぼ同じように書けました。

最終的にはFinaleで清書しますが、制作時は自筆で楽譜を書く方が音楽を作っている感が強くてテンションが上がります。

Affinity DesignerやProcreateなどのiPad用イラストアプリと比較すると楽譜やDAWアプリは、機能が限定されすぎていて実用的ではないです。